<< 発売まで、アト3日!!
COUNTDOWN PLAY MOVIE:03
本日、公開です!!!
| main | 発売まで、アト1日
予測不可能な発売前日 >>

発売までアト2日
今度こそ、質問お答え回

  • 2012.10.09 Tuesday

皆様、こんにちは。

開発プロデューサー石谷です。

 

いよいよ発売が直前に迫って来ました!
本日、
COUNTDOWN PLAY MOVIE:04
も公開されておりますので、ぜひそちらもご覧下さい。

さて、前回の私のブログ回の時に触れていましたが、
今回は
頂いている質問の方に答えていこうかと思います。

 

では、早速!

―――――――――――――――――――――
ハンドルネーム『レント』さんから頂きました質問です。


<質問>
ジェイドメダルは引換番号さえ控えておけば
10/28以降でも
入手することが可能でしょうか?
―――――――――――――――――――――

はい、「ジェイド・メダル」に関しては、
PXZ公式サイトにて、
アイテム引換番号
入手手続きを、配信期間である

 

1011日(木)〜1028日(日)予定

 

の間に行なって頂き、
アイテム引換番号を入手しておいて
頂けますと、
上記の配信期間以降でも、
その引換番号を
入力すれば、
「ジェイド・メダル」を入手することができます。

 

 

では、次の質問に。

―――――――――――――――――――――
ハンドルネーム『ブル』さんから頂きました質問です。

<質問>

プロジェクト クロスゾーンというタイトルは

どのようにしてつけられたのですか?

ぜひ経緯などお聞かせください

―――――――――――――――――――――

 

はい、ちょっと長くなりますがお答えします!

 

元々この作品には、企画立案時に仮の名前(コードネーム)

が付けられていました。

その名前は

 

 PROJECT XX(プロジェクト ダブルエックス)

 

というものでした。

XXとは?
という点ですが、それは今回の企画が
 

 カプコン X セガ X バンダイナムコゲームス

 

という3社の枠組みのプロジェクトでしたので、
社名の間に
挟まっている2つのXが、
その由来になっています。

 

また、正式発表になるまで関係者以外には
秘密のプロジェクト
でしたので、
仮の名前とは言え、タイトル名から商品内容が

推測されないようなものにする、という目的もありました。


 

さて、月日はめぐり……
そろそろ正式タイトルを決めないと、
という時期になりました。

まず、考えられる案は、前述したような

 

 カプコン X セガ X バンダイナムコゲームス

 

といった、会社名をそのまま表記するような案ですが、

今回は参加しているメーカーさんが3社もあり、
名前を並べて
いくと、すごく長いタイトルになってしまう・・・
ということも
含めまして、
会社名が入らない形でのタイトルの方向性で、
いう話に当初からなっていました。


・・・が、ここからが非常に時間がかかりました。
 

まずは、特に縛りを設けず、塚中Pや森住を交えて

ひたすら案を考えました。

あとで数えてみましたが、案は500個ぐらいに

ふくれあがり、辞書を引かないと意味がわからない

ような言葉が乱れ飛んでいました。

 

「これは・・・アカン・・・」


ということで、1回全部リセットして、まず名前決めの

ためのルールを見直しました。


・「クロス」など、“クロスオーバー”を感じさせる言葉は入れたい

・極力、使われている単語も意味がわかりやすいものを使う

・様々なジャンル/肩書き/性別のキャラクターが登場するので、

 一つのカテゴリに偏らないようなものに 


・・・等々。

そして、

 

「様々な作品がクロスオーバーして出会う“領域”」

 

というところから

 

「クロスゾーン」

 

という言葉を決めました。

これに、

 

「クロスゾーン」を実現させる壮大な計画

 

の意味も込めて、当初のコードネームでも使っていた

“プロジェクト〜”を頭に付けて

 

「プロジェクト クロスゾーン」

 

とし、今に至るといった次第です。

(よもや、その後森住によって「プクゾー」という略称?

を付けられるとは、名前を決めた時には思ってもみません

でしたが・・・)


 

さてさて、冒頭でも述べましたが、いよいよ発売日直前と

なりました。

本日/明日も

「カウントダウン映像」
「バンダイナムコ
ライブTV」

そして「クロスブログ」など、
引き続き
情報公開が続きますので、
そちらの方も引き続き、
ぜひチェックしてみてください。

 

それでは、またの機会に!


(開発プロデューサー石谷)


img_gamedata.gif