<< 予測不可能なストーリー展開 | main | 予測不可能な楽曲たち >>

またまた未知なる交差領域で

  • 2012.06.08 Friday

『クロスブログ』をご覧の皆様、二度めまして。

開発プロデューサーの石谷浩二です(所謂ひょろ長い方です)。

 

情報公開のタイミングのこともあり、隙間を縫うような形ではありますが、

現状、告知されている範囲内で、
今回も「クロスゾーン」(最近はこれで呼んでます)

ミニ情報を3点ほど、お伝えしていきます。



●長きにわたって行われておりました「音声収録」の方も、
 ほぼ完了と
なりました。

 今回は総勢70名を越える声優のみなさまのご熱演により、

 味方側/敵側キャラクターとも、ゲーム中で多彩なボイスを楽しんで

 いただけるのではないかと思います。

 イベントシーンは、フルボイスではありませんが各主要キャラクターは

 初登場シーンを中心に、イベントボイスを収録しております。

「あのキャラクターが、このキャラクターと
(ボイス有りで)こんな会話を」

 というところも、本作の見所の一つだと思いますので、ご期待ください!

 

●本作では、戦闘時に“十字ボタンとAボタンの組み合わせによる
 ボタン入力”で
攻撃技を繰り出す戦闘システムを取り入れていますが、
 本作ではこういった

アクション入力系の操作は、「味方→敵」への
“通常攻撃戦闘”の中だけに集約

 させています。

 アクション入力自体も、シンプルな「ボタンを押す→技が出る」という
 タイプの
ものにしており、PXZ公式サイトなどで紹介されている
 「サポートアタック」も、
1ボタンで発動するタイプの攻撃技です。

 

●プロモーション映像の中や画面写真等でお見せしているキャラクターの
 「必殺技」ですが、

「必殺技演出のスキップ」も実装される予定です。

 (技の途中で特定のボタンを押すと、技の最後の演出までスキップされる

 イメージです)

 なお、敵ボス等の攻撃演出も、同様のスキップ処理を実装予定です。

 

 

さて、今回はこのあたりまで……ということで。

(すいません、前回予告していた「ソロユニット」の件は別のタイミングで

 お話ししますね)

 

またミニ情報を用意して、三度目の登場の機会を待ちますw

それでは、次回もお楽しみに!



(開発プロデューサー石谷)


img_gamedata.gif